ToraToraWiki

&calendar (ToraToraWikiManual/ja/Wiki/Function/calendar)

概要

&calendar([[ページ名]], month, weeks, behind=N, ahead=N){
イベント情報
}

カレンダーを表示します.さらにカレンダー上の1日を1ページに対応させて簡単なスケジュール帳としても利用できます. 1日に対応するページは現在のページの子ページになり 現在のページ名/年-月-日 というページ名になります. カレンダー上の各マスにはその日のページの要約が表示されます. カレンダーのマスをダブルクリックすることですぐに子ページを編集することができます. &datepagesを使うと子ページを内容とともに一覧表示することもできます.

パラメータ

[[ページ名]]
カレンダーで作成する子ページの親を指定します.指定がない場合は自分自身のページが親になります.
month
一般的なカレンダーのように月を表示します.デフォルトで指定されています.
weeks
今週を基準に前後に数週間分表示します.表示する週はbehind,aheadパラメータで指定できます.
behind=N
weeksが指定された際にN週分過去の週を表示します(Nは整数).
ahead=N
weeksが指定された際にN週分未来の週を表示します(Nは整数).

対象

対象には祝祭日等のイベントの情報が書けます. 特になにも書かなくてもGoogleカレンダーを利用して通常の祝祭日が表示されるようになっていますが, Googleカレンダーを利用するにはCalendar APIへのアクセスが許可されたGoogle APIキーを取得し, サイトメニュー > 管理ツール > サイト設定 の Google API key に設定する必要があります. またSSL経由でAPIを利用するためphpの設定にextension=openssl.soが書かれている必要があります.

1行にひとつずつルールを書き,ルールは以下の2つが使用できます.

  • GoogleカレンダーのカレンダーID(APIキーの設定が必要)
  • crontab風表記

    年 月 日 週 曜日 イベントの名前
    

    という形式でルールを書きます. 年 月 日 週 曜日は数値か*が書けます.*は何でもいいという意味です. 週はその月で何回目の曜日かを指定します.例えば

    * * * 3 火 資源ごみの日
    

    と書けば毎月第3火曜日のことになります.負の値の場合は月の最後からカウントします.

どちらもルールのあとにスペースをいれてholidayと書くと休日扱いになります.

以下のような設定を例にあげます.

  • hogehogefoobar@group.calendar.google.comというGoogleカレンダーの予定を表示
  • 毎年6月20日は創立記念日で休日
  • 2012年5月21日は金環日食
  • 毎年12月の最終火曜日は大掃除
ソース
&calendar(weeks,ahead=2,behind=1) {
hogehogefoobar@group.calendar.google.com
* 6 20 * * 創立記念日 holiday
2012 5 21 * * 金環日食
* 12 * -1 火 大掃除
}
表示

2018年4月 - 2018年5月

戻す
2018-04-15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018-05-01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12

ドキュメント

ダウンロード

ToraToraWikiを使う

無料Wikiスペース

ToraToraWiki free web hosting

無料でドメインとWikiを提供しています

お試し用サイト
お試しWiki
フィードバック, 開発用サイト
ToraToraWiki 開発用Wiki